2009年11月09日

今後税金が上がるかどうかわかりますよ!

固定資産税診断士のスギモです。

前回評価額と課税標準額のつながりについて
「評価額→課税標準額の間に入っているものは?」
を説明しました。

今回は前回からの続きで
A過去からの経緯に基づく課税標準額
 が入っている

について説明しますね。

「過去からの経緯に基づく課税標準額?」
なんのこっちゃ、
何言っているかわからないと思います。
ショック!

その前にまず本来支払うべき課税標準額を
計算してみましょう。
それがわかれば、
税金=課税標準額×1.4%ですから
税金もいくらになるかわかりますよ。

本来支払うべき課税標準額は、
評価額に対して
 ・200uまでの住宅に供する土地は1/6、
 ・200uを超えた分は1/3
 ・それ以外は評価額の7割
  (自治体によっては条例で6割)
なのです。


あれっ?
これって前回にも同じ内容を見たような?
と思いませんでした。


そうです。
前回にも書きましたよ〜。

本来支払うべき課税標準額は、
この計算式だけなのです。


私の自宅を例に説明しますね。
私の自宅はマンションなので
桁がべらぼうに大きいのですが、
内容は皆さんと同じです。

【私の場合】
 ・評価額
    360,904,050円
 ・本来支払うべき課税標準額
   200uまでの住宅用地なので1/6します。
    360,904,050円×1/6=60,150,675円
 ・課税明細書の課税標準額
    42,773,812円

私の場合だと、
 [本来支払うべき課税標準額]>[課税明細書の課税標準額]
です。
この場合には、来年度以降も税金が上がるのです。
私の場合も上がりそうですね。。。
ガーン

つまりこの計算で、税金が上がるかどうかが
一目でわかりますよ〜。

もし私の場合のように
 [本来支払うべき課税標準額]>[課税明細書の課税標準額]
だったら、
[課税明細書の課税標準額]の金額は
納税者側の支払い負担等を考慮して調整されている金額
とも言えます。

この内容が過去からの経緯に基づく金額の意味ですよ〜。


**********************************************
●FPスギモの日常ブログ
 http://ameblo.jp/fp-sugimo/
●FPスギモのFP試験合格ペースメーカー
 http://ameblo.jp/fp-sugimo-shiken/
●FPスギモの固定資産税診断士
 http://ameblo.jp/fp-sugimo-kotei/





------------------------------------------------------------------------
税金対策のブログランキングに参加しています。
是非皆さまの固定資産税の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 固定資産税専門コンサルタント at 05:53 | Comment(2) | 固定資産税ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
地価によって固定資産税は

上がったり、下がったり、

するもんなんですね。

ってことは、今地価下がっているから

来年の固定資産税は安くなるって事?

それで正解ですか?
Posted by Alto at 2009年11月09日 17:56
■Re:無題
>Altoさん
コメありがとうございます!
回答ですが、今日の記事としてアップ
しましたので、確認してください。
分からなければまた説明させていただきますよ〜。よろしくお願いします。
Posted by 固定資産税診断士(FP)@FPスギモ at 2009年11月10日 06:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。