2012年07月25日

★駅ナカがキッカケで課税方法が変わったのです★

前回は線路敷地の話しをしたのですが、
数年前までは、鉄道敷地は全て周辺土地の1/3だったのですが、
実は固定資産評価基準が改正されたのです。


そのキッカケは「駅ナカ」だったのです。

皆さんは、「駅ナカ」って言葉をご存知ですよね。
あの「駅ナカ」が原因で基準が改正されることに
なってしまったのです。


「駅ナカ」というのは、ウィキペディアの定義によると
「駅ナカ(えきナカ)とは、鉄道事業者が管轄下にある
駅構内に展開する商業スペースの通称。
JR東日本の若手社員によって作られた名称、
エキナカを起源とする」
というものです。

JR東日本の若手社員によって作られた名称とは
知りませんでしたね〜。


この駅ナカですが、以前にも駅ビルに入った商業施設などは
ありましたが、これまでは改札の外にありました。
改札の中と言えば、小さな売店や立ち食いそば屋などの
早くてすぐ食べることができる飲食店が殆どでした。

ただし、その店舗に対して、駅自体を利用する方は
非常に多いので、潜在的な買い物ニーズはありました。
その点に目をつけて、改札から出ること無く、
改札内に店舗を設けたところ、
非常にヒットしたものでした。

鉄道会社の立場で考えれば、新たに非常に大きい利益を
手にすることはできました。
だって払う税金は変わらず、出店スペースを設けて
お店を出してもらえれば、テナント収入なども
得られるわけですからね。


それがどう固定資産税に関係したかというと、
その反面で不公平を訴えた方がいたのです。

それは誰だと思いますか〜?

それは次回にお話ししますね〜。





------------------------------------------------------------------------
税金対策のブログランキングに参加しています。
是非皆さまの固定資産税の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 固定資産税専門コンサルタント at 06:29 | Comment(0) | 固定資産税ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。