2012年09月17日

【役所との交渉術】自分の役所に問合せする前に、県庁所在地の役所に確認しましょう

先日のことです。
お客様から「有料老人ホームって住宅用地特例が適用されて、税額が1/6になりますか?」と問合せを受けました。
当然、適用されるケースだったのですが、そのお客様が建築をしようと思っている市町村内には、まだそのような施設がありませんでした。
おそらく経験が無いので、どんな回答をされるのかという興味もあり、問合せをしてみることにしました。


こんな場合ですが、私はまずお目当ての役所にはすぐには確認しません。
事例が豊富に無い役所だと、こちらがおかしいと思っても、訳の分からないことを言われて却下されることってよくあるのです。


私がよく使っている交渉術は、
「その市町村がある都道府県の県庁所在地の役所に聞いてみる」
ということです。



県庁所在地の役所であれば、豊富に事例を持っている場合があります。

また職員の意識が「自分はこの都道府県でトップの役所にいるので、他の市町村の模範にならなければならない」という意識も強いのです。

あくまでも、私が経験してきた中でとても感じたことですけどね。


今回も聞いてみると、すぐに「適用されますよ〜」という回答が返って来ました。


このようにまずは正しい答えを答えられる役所から、確実で最も的確な回答を聞くというのがベストです。
でも役所も問合せに出た方によって、とんでもない答えが帰ってくることもあります。
そんな時には、都道府県でトップ2,3の役所に聞いてみましょう。

私はそこである程度確実な回答パターンを情報収集してから、お目当ての役所に問い合わせるという手順を踏んでいます。



ところで今回の件がどうなったかは、明日以降にお伝えしますね。



--------------------------------------------------
埼玉の相続は二次相続専門の虹相続へ!http://www.niji-souzoku.com/
相続実績2,000件以上、節税実績3,500万円以上、保有資格106資格
相続レポート申込み https://ssl.form-mailer.jp/fms/2ac29091198772

--------------------------------------------------
埼玉発! 1業種3名限定・ビジネス交流会開催(10月24日@浦和)
【申込みフォーム】https://ssl.form-mailer.jp/fms/d3056c4c213998
埼玉でビジネスを拡大、またはパートナーをお探しの方、お待ちしております。







------------------------------------------------------------------------
税金対策のブログランキングに参加しています。
是非皆さまの固定資産税の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 固定資産税専門コンサルタント at 20:00 | Comment(0) | 固定資産税ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。