2012年11月20日

★課税明細書の確認手順をまとめました★

来月発刊の研修出版「月刊経理ウーマン」に執筆した内容ですが、
今日はこれまでのまとめということで
皆さんが知りたい課税明細書を確認する際の注意事項を
まとめました。
是非参考にして下さいね。


【チェックに必要な資料】
1.課税明細書:毎年送付されてくる明細書のこと
2.役所所有の地番図:または法務局の公図、地積測量図でも可
3.固定資産税路線価図:全国地価マップで参照




【確認事項】
1.基礎情報の確認:明細書で下記項目が正しいか確認します。
・地番、地目、面積、住宅用地特例の適用有無の4つ



2.課税内容のチェック1
 イ)「評価額」÷「面積」で土地の単価を計算
 ロ)土地の単価別に、課税している範囲を確認
   範囲が異なる場合は役所に確認
 ハ)「土地の単価」>「路線価」になっていないか確認
   路線価は、固定資産税路線価図を参照して下さい。


3.課税内容のチェック2(住宅用地特例のチェック)
 イ)「課税されている範囲」は全て住宅ですか?
 →住宅であれば、ロへ
 →住宅が無ければ、ハへ
 →住宅と店舗・事務所などが混在しているのであれば、二へ

 ロ)全ての土地に住宅用地は適用されていますか?
 →適用されている場合は、ホへ
 →適用されていない場合は、へへ

 ハ)お持ちの土地は非住宅用地になりますので、住宅用地特例外です。
  
 二)混在している場合には、建物別の延床面積の比率を計算しましょう。
  住宅延床面積の比率と実際に住宅用地に適用されている面積比率
  を比較して、「住宅延床面積比率>住宅用地適用面積比率」
  であれば、適用されている面積が少ない可能性があります。

 ホ)さらに細かく小規模住宅(評価額×1/6)、
  一般住宅(評価額×1/3)の範囲を確認しましょう。
  
 へ)課税内容が誤っている可能性がありますので
  役所に現在の課税内容を確認しましょう。
  なお、「すぐ直しますね」と言われたら、還付可能性ありです。



皆さんの確認の際に、お役に立てれば幸いです。
ではまた次回に。





--------------------------------------------------
埼玉の相続は二次相続専門の虹相続へ!http://www.niji-souzoku.com/
相続実績2,000件以上、節税実績3,500万円以上、保有資格106資格
相続レポート申込み https://ssl.form-mailer.jp/fms/2ac29091198772



--------------------------------------------------
1業種3名限定・第2回 埼玉ビジネス加速異業種交流会(2013年1月28日@浦和)
【申込みフォーム】https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba415850220523
埼玉でビジネスを拡大、またはパートナーをお探しの方、お待ちしております。







------------------------------------------------------------------------
税金対策のブログランキングに参加しています。
是非皆さまの固定資産税の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 固定資産税専門コンサルタント at 11:01 | Comment(0) | 固定資産税ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。