2015年08月19日

【相続事例】遺言が単なるメッセージカードになってしまった。。。







家族の想いと資産を守る
相続固定資産税コンサルタントの杉森真哉です。



相続について今や情報がテレビ、新聞、書籍で溢れかえっています。

逆にこれだけ情報があふれているので、みんな知っていると思いきや、そんなことはありません。

結構基本的なことも知らないことが多いのです。

今回お話をお聞きしたケースもこのパターンでした。

簡単に言うと、遺言書を書いて亡くなったにも関わらず、その遺言書が法的な要件を満たしていなかったのです。

残念ながら、法的な要件を満たさなければ、ただのメッセージカードになってしまいます。

かなり乱暴な言い方かもしれませんが。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s.jpg




私はどうしてなんだろうと考えてきました。












よくよく考えると行動のパターンが見えてきました。


それは自分に都合の良い情報を取り込む姿勢にあるのではないか。


確かに相続でお話を聞きにくる人は、既に相続を数回体験した方もいます。


すると、何を言っても
「わかってるよ。経験済みだから」
と言われるのです。


じゃあ何で話を聞きに来るんだろうと思っちゃいますけどね。



今回の事例は、亡くなった相談者の長男からのお話でした。












亡くなる前に自分で遺言を書いてあったのですが、いざ亡くなり蓋を開けてみると、1枚の遺言らしきメモが発見されました。


タイトルは「遺言」と書いてあったのですが。


でも残念なことに遺言書の要件に従ったものではないので、当然無効になりました。


また書いてあった内容に対して、相続人の中でも納得する方、いない方が出てしまい、それが原因でさらに遺産分割がこじれてしまったのです。


未だにそのお客様の相続は解決されていません。


なので、結論!


遺言を作るなら、公正証書遺言を作りましょう!

自筆証書遺言でも大丈夫な場合もありますが、私達専門家から見ても、「絶対に!」とは言い切れないからです。

ご注意を〜!









------------------------------------------------------------------------
税金対策のブログランキングに参加しています。
是非皆さまの固定資産税の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 固定資産税専門コンサルタント at 12:59 | 不動産・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。