2016年08月11日

【横浜市マンション課税ミス】1280万円課税ミス

固定資産税コンサルタントの杉森です。

横浜市のマンションで2001年度から16年度にかけて
固定資産税と都市計画税計約1280万円を過大に課税していたようです。

詳しくはこちら
http://megalodon.jp/2016-0811-1130-33/this.kiji.is/135994889461841927

役所職員が再点検して分かったそうですが、
マンションの課税明細書自体がわかりづらいのです。

専門家の方でも読み解く人はあまりいません。


仮に30年間払いすぎていても、戻ってくるのは最低だと5年しかありません。
やはり自助努力で、自分の税金は自分でチェックしましょう。

マンションの課税明細書の見方については、
下記の動画で説明していますので、よろしればご覧ください。




固定資産税コンサルタント
杉森真哉
http://www.kotei-110.com/





------------------------------------------------------------------------
税金対策のブログランキングに参加しています。
是非皆さまの固定資産税の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 固定資産税専門コンサルタント at 11:41 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。